品川回春マッサージ アロマジェンヌのblog

品川の出張型回春マッサージ店の 「アロマジェンヌ品川」です。風俗エステのメンズエステになります。品川・五反田発の回春マッサージ店です。本格的なアロマのオイルマッサージの後は睾丸マッサージ・前立腺マッサージ・M性感よりもソフトなM回春をお楽しみください。東京都内23区出張致します。本格的なアロマエステ&回春マッサージは「アロマジェンヌ品川・五反田」にご用命くださいませ。

タグ:手コキ


アロマジェンヌblogをご覧の皆さま♪

アロマジェンヌ品川の真矢梁子です。


お盆休みも終わって、今週は忙しくお仕事されている方も多いのではないでしょうか?

私は、普段通りのお休みだったので、お休みボケもなく元気にしております(笑)



本日より、オプション(オールヌード)をつけて下さる方に、脱ぐ前に

かな~り、セクシーなランジェリー(普段もセクシーなランジェリーだねとは言って下さる

方も多いのですが)を特別に着用しようと思っております

なんで、オプションを付けた方じゃないと着用出来ないかは、ご想像して頂ければ

分かりますよね??


ご希望の方はオプションはお会いしてから直接お伝え頂ければと思います。

マッサージの方も本格的に筋肉をしっかりほぐしたり、リンパを流したり、可動域を広げた

り大体何でも出来ます。



回春も長くやっているのと、元々十代の頃からエッチな事は得意なので、触り方には自信が

あります。

パウダーや手コキ一つでも、やる人によってこんなに違うんだということを感じて頂けるよ

うに心掛けておりますので、他店さんであまり満足しなかった方、新しいお店を探している

という方で、このblogを呼んでくださった方には是非一度お越し頂けたらと思います。

イキ難い方、早い方、関係ありません

私がコントロール出来ますので、お好きなコースでお好きな時間をお選び下さいね。

喜んで頂けるよう心を込めて施術させて頂きます









アロマジェンヌblogをご覧の皆様♪

アロマジェンヌ品川の真矢梁子です。

先日は、H様からこんなお土産を頂きました

20190627_020230


素敵なデザインのオリーブオイルに京都の和菓子🍡

どちらも、私好みです

いつもお忙しい方なのに、時間を使ってわざわざ買いに寄って下さったお心遣いがとっても嬉しいです

是非、又帰国した際はお疲れ様を癒しにアロマエステと回春マッサージを受けに来て下さいね。

心を込めて施術させて頂きます

アロマジェンヌblogをご覧の皆様♪

アロマジェンヌ品川の真矢梁子です。

先日は、ご指名のお客様が久々にSMホテルから呼んで下さいました

普通のラブホテルと違って雰囲気たっぷりのお部屋に廊下。

露出したいけど、外では出来ないし、、何ていう方にもピッタリですね。

ドアを開けて入り口でオ⭕ニーしているのを、見に来る人も数人(笑)


見たい&見られだがりな人って結構いるんですね

アロマエステの後にちょっぴりアブノーマルなプレイがしたい方はDXコースをお選び下さいね
20190622_030337


そして、Mな気分を満喫したい方は雰囲気だけでも楽しめるのでSMホテルに行ったことがない方は新鮮な体験が出来るのでオススメですよ

20190622_030321

アロマジェンヌblogをご覧の皆様。

アロマジェンヌ品川の真矢梁子です。

最近、数ヶ月振りで2回目ご利用下さるお客様から
連日ご指名を頂けて本当に嬉しく感謝の気持ちで
一杯です。

マッサージ技術も数年前より格段にアップしておりますので、かなり前にご利用下さったお客様にも是非受けて頂きたいと思っております。


回春は前立腺開発が得意です。

回春の経験がお有りのお客様でも、意外と前立腺はやったことが無いという方多いんですよね。

男性の一番の性感帯とも言われる前立腺のマッサージ、是非試してみませんか?

若さより技術、テクニック重視のお客様でしたら、
ご要望にお応えできるかと


今夜もお待ちしておりますね

アロマジェンヌblogをご覧の皆様♪

アロマジェンヌ品川の真矢梁子です。




今日は、天皇陛下が退位される日ですね。



今まで、日本国民のために祈り、

お心を尽くしてきて下さった天皇陛下には、

心から感謝の意を表したいを思います。




日本神道の最高の神官でいらっしゃり、

私たちの知らないところで、

常に国民の幸せを祈り、

年間で20件近い祭儀を行われて、

その他にも沢山のご公務を行ってこられた

そのご苦労と愛に、心から感謝を送りたいです。


今迄の天皇陛下のご苦労を思うと胸に込み上げるものがあります。


今まで本当に有り難うございました。



今日は、天皇陛下に敬意を込めて祈りを捧げたいと思います。



↑このページのトップヘ