ブログをご覧の皆様♪

アロマジェンヌ品川一、健康オタクな真矢梁子です。


ここ数日、お天気も悪く、何より気圧が気になります。

アロマジェンヌのお客様だけでなく、アロマジェンヌの女の子達も

低気圧で体調がイマイチという人がチラホラいたので、詳しくご紹介したいと思います。


低気圧と体調不良」について対処法もお届けしたいと思います

低気圧の天気図

気圧の低い日に「頭痛や肩こりが悪化する」、「体調が悪化する」、「だるい」、などを

訴える方は非常に多いようですね。


低気圧時はなぜ体調不良になるのでしょうか?


対処法低気圧時に押すと良いツボも紹介していきますね

まずは「大気圧」についてから。

天気予報でお馴染みの気圧の値「hPa(ヘクトパスカル)」。

標準大気圧は「1013.25 hPa=1気圧」と定義され、

この数値を基準に晴天の日は高気圧となり、雨の日は大気の圧力が低下し低気圧となります。

問題なのは低気圧となった時。

「1気圧」の時は「1の力」で全身が大気から常に押されている、という状態となっているのですが、

気圧が低下すると大気からの圧力が低下し、体は膨張します。
(大気から全身を抑えつけている力が弱まる、というイメージ)

この膨張によって血管やリンパの流れが生む圧力(勢い)も低下する為、

平時より血行不良
を起こし体調不良となる。

どういう事かというと、例えばホースで水を撒いている時、ホースの口を潰して

(圧を掛けて)巻けば、水流が強くなりますよね?

圧が強いと水流が増す、という原理の血管版なワケです。

低気圧の場合は圧が弱まるので全身の流れが悪くなる。

つまりは、低気圧=血流・リンパ循環不良 → 体調不良

というメカニズムだったのです!

なるほど・・・。

血流・リンパ循環不良が原因ですので、対処としては血流を上げる為に

「軽い運動」や「ストレッチ」、「ゆったりとした入浴」が効果的

本格的にやらなくても良いでしょうが、そういう低気圧で調子が悪い時は

簡単な筋トレでもすると良いのではないでしょうか?

雨の日だけやる、ぐらいなら続くかもしれませんね

また、低気圧時に偏頭痛や体調不良、古傷の痛みなどが出る場合、

百会」のツボを押す!これが効くんです
百会のツボの位置
「自律神経の働き」(↓本記事終盤に詳細説明アリ)を整え、血管の機能を正常化させるツボです。

特に頭痛ダルさが出る人方は試してみて下さいね。



サプリメントで体調を整える、というのも有効かと思います。

調べたらやたら効きそうなのがありました。「加熱しないカプセル製法」という裏ワザを使っているらしい。

だるい。やる気がでない。⇒ 生酵素OM-X


↑流行りの「酵素」ですね。

48歳まで現役で投げた元投手の工藤公康選手も使っていたそうです。

そしてこちら↓は、「血行障害を改善」し、肩こりや首すじの痛み・しびれや冷えなどを改善、

ホルモンバラン」を整えのぼせやイライラなどにも効くという一品。

トコフェロンEナチュール

植物油から抽出し、そのままの形で安定させた「アルファ型天然ビタミンE」、

自律神経安定させる作用がある「ガンマーオリザノール」を配合で、

体のすみずみに酸素と栄養素を供給
するそうです。

血行障害の原因となる活性酸素を強力に除去してサラサラにしてくれるそうです。



↓ 更にオススメの低気圧対処法と詳しい情報 ↓

低気圧」という外的要因による体調不良ですので、コントロールは大変です…。

しかし理由や根拠が分かれば、対処も違ってくる筈。

低気圧が全身の循環不良を呼ぶのなら、気圧の低い日に循環機能を上げればいいのです

オススメは「スクワット」!

それも「高速スクワット」!!

自然に立って構え、出来る範囲で高速にスクワットを行う。

ちょっとでもバテたらもう止めてしまえばオッケーです

10回程度でも良いんです。

この高速スクワット、なんかやたら「フーー!」と気が晴れるのです

騙されたと思ってやってみて下さいね

(※しかしくれぐれも膝や腰を痛めない程度で行なって下さいね)